融資不適格者リストとは

MENU

融資不適格者リストとは

金融機関がお金を貸すのは貸したお金が必ず返ってくるのが原則です。その為には融資申込者が絶対に返してくれるかどうかを審査する必要があります。それを融資審査といいます。最近金融機関の融資広告に頻繁に即日融資の文言が付されています。実際に融資を申し込んだ当日に融資実行するには融資審査をできるだけスピーディーにしなければなりません。金融機関から融資を受けるにはその金融機関に出向いて融資申し込みをします。その申込書を基にその人に貸せるかどうかを審査します。本来なら一日以上掛る業務を中には五分位で結論を出すのですから詳しく精査することは不可能です。そこで最低限の融資基準をクリアしている必要があります。その基準は融資が出来ない最低限の資格が決められています。それが融資不適者のリストで通称ブラックリストと呼ばれるものです。それは金融機関などが作っている複数の信用情報機関の情報を基に金融機関が独自の基準で融資不適格者リストを作成されています。信用情報機関には本人の融資実績を過去に遡って記録が残っていますので、その記録のどの部分を参照にしての基準なのかをどこの金融機関も公表していませんが、自己破産者やローン返済破綻者及び返済延滞者、手形や小切手の不渡り者、多重債務者が該当されているようです。その事象を融資判断の材料とするかどうかは即日融資金融機関次第です。極端な話し自己破産者には一生融資対象にしない金融機関もあるとの事です。