ヤミ金融業者に注意

MENU

ヤミ金融業者に注意

貸金業を営む業者は、必ず国や都道府県の許可が必要になります。ヤミ金融業者は、これらの届出をせずに、無許可で貸金業を行う業者の事です。ヤミ金融業者は、法律で決められている金利の上限を守らず、異常な高金利での貸し付けを行います。また、ヤミ金融業者による悪質で執拗な取り立ても社会問題になっており、精神的に追いつめられて自殺する人もいます。ヤミ金融対策法により、悪質な業者の取り締まりが強化されましたが、それでもヤミ金融業者の被害に遭う人は増えています。ヤミ金融業者の勧誘文句は「審査無し」「スピード融資」など、すぐにお金が必要な人にとっては魅力的な言葉を並べてきます。最初は少ないと思っていた金利も、利用を始めるとどんどん金利が高くなり、法律で定められた年109.5%を超える利息での貸し付けになってしまいます。
ヤミ金融業者は、ホームページやチラシなど、様々な手口で勧誘をしてきます。また、一見ヤミ金融業者とはわからないような手口を使うこともありますので注意が必要です。嘘の登録番号を使用して、相手を安心させたり、紹介屋といって別のヤミ金融業者を紹介し、高額な紹介料を取る手口もあります。
消費者金融を利用しすぎて、多重債務で苦しんでいる人、金融事故があってブラックリスト入りしている人は、通常の金融機関ではなかなか貸してくれなかったり、希望金額を借りることが出来ない事があります。このような人達は、ついついヤミ金融業者の甘い文句に引き寄せられてしまいがちです。ヤミ金融業者に騙されないように特に気を付けなければなりません。