総量規制とは何か

MENU

総量規制とは何か

総量規制とは、 貸金業法に定められた規定で、2010年6月から完全施行されています。この規制により、年収の3分の1を超える借り入れが制限されるようになりました。例えば、すでに借り入れ金額が年収の3分の1を超えている場合、新たに借り入れをすることは出来ないのです。これは、借り過ぎを防ぐ事で、多重債務などの被害者を少なくするという目的から規定されました。もしも、総量規制を守らずに貸し付けを行った場合は、貸しつけた金融業者が罰則を受ける事になります。年収は、給料や年金などの安定して得られる収入の事を示しますので、競馬などで一時的に得た収入については含まれません。借り過ぎを防いでくれる規制ではありますが、必要とする金額が多い場合は不便を感じてしまいます。そこで、総量規制の除外と例外も定められています。総量規制の除外(対象にならない)貸し付けは、自動車の購入や不動産の購入、高額療養費のための貸し付けなどです。総量規制例外の貸し付けは、返済能力があると判断された場合に適応になる貸し付けで、急な医療費の出費など、社会上緊急に必要と認められた場合は貸し付けが可能になります。また、個人事業者に対する貸し付けなども、総量規制の例外となります。更に、クレジットカードによる商品の購入に関しては、総量規制の対象外になりますので、年収の3分の1以上の借り入れがあっても、クレジットカードでの買い物をすることが出来ます。