お金借りる即日

MENU

他の人に知られずに即日キャッシングする方法

キャッシング

即日キャッシングを利用することは、あまり他の人には知られたくないものです。他の人に知られないように即日キャッシングを利用する為には、インターネットで申し込みをすると良いでしょう。店舗や無人機で申し込みをすると、誰かに見られる可能性がありますが、インターネットでしたら操作していても誰にも気付かれません。利用する金融機関を選ぶポイントとして、来店不要以外に郵便物の郵送が無いかどうかも確認しましょう。郵便物が郵送されると、同居している家族に知られる可能性があります。銀行からは銀行名の書類が届きますが、消費者金融は「○○センター」といった名前で郵送されます。一見家族が見ても分からないかもしれませんが、調べてみればすぐに消費者金融だと知られてしまいます。

 

また、通帳を家族に見られる可能性がある人は、指定銀行口座の振り込みではなく、ATMでの借り入れにすると良いでしょう。通帳を見た時に、借り入れの履歴があると家族に即日キャッシングの利用が知られてしまいます。ATMの借り入れの場合は店舗または無人契約機で契約を行い、その場でカードを発行してもらう必要があります。前もってインターネットで申し込みを済ませておくと、店舗や無人契約機での操作が短時間で済み、借り入れまでスムーズに手続きが完了出来ます。収入の無い専業主婦は、配偶者の同意が必要無い即日キャッシングサービスを選択しましょう。通常よりも限度額は低くなりますが、配偶者に知られずに利用することが可能です。

即日キャッシングの返済方法

即日キャッシングを利用した後の返済方法には主に3種類があります。元金均等払い、元利均等払い、リボルビング払いの3つです。元金均等払いは、利子を含めない元金を毎月決まった金額支払う方法です。元金が確実に返済されていくため、他の返済方法よりも利子の総額が一番少なくなります。元利均等払いは、元金と利子を合わせた金額の月の返済額を固定し、毎月一定額を支払う方法です。一定額の支払いになるため、返済計画が立てやすい利点がありますが、元金がなかなか減らないという欠点もあります。リボルビング払いは、分割払いと異なり、返済回数を予め決めるのではなく、月の返済額を固定する方法です。回数が決まっている分割払いの方が返済期間が短くなります。

 

これらを組み合わせ、元金定額リボルビング払いや元利定額リボルビング払いといった方法を用いますが、一番良く使用されているのが残高スライドリボルビング払いです。これは、元金と利息を合わせた金額から、毎月の最低返済額を変動させながら返済する方法です。残高が少なくなれば少なくなるほど、毎月の返済額が少なくなります。定利定額リボルビング払いは、元金と利息を合わせた金額の残高に関係なく、毎月一定の金額を返済する方法です。このように、返済方法には様々な種類がり、それぞれ利点と欠点があります。自分の借りた金額、そして返済能力に合わせて、無理のない、自分にとって一番良い返済方法を選ぶ事が重要です。

総量規制対象外で即日キャッシング可能な所は

年収の3分の1以上の借り入れを規制する総量規制は、自己破産者や多重債務の増加を防ぐ為に作られた法律です。しかし、収入のない専業主婦や、年収の3分の1以上の借り入れをどうしてもしたい人にとっては厳しい規制になります。消費者金融などで借りる場合は総量規制の対象になりますが、実は銀行で借り入れをする場合は、総量規制の対象外となります。ですので、専業主婦や安定した収入の無い人、年収の3分の1以上の借り入れをしたい人は、銀行を利用すれば良いのです。口座を持っている銀行であれば、スムーズに借り入れをすることが出来ますが、どこにも口座が無くても、申し込みできる銀行もあります。消費者金融などに比べて、審査が厳しいと言われている銀行ですが、最近では収入証明書の提出が無くても、即日キャッシング可能な所が増えてきました。また、消費者金融よりも銀行の方が金利が低いのも嬉しいポイントになります。

 

例えば、三井住友銀行の場合は、300万円以内の申し込みであれば収入証明書は不要で、三井住友銀行の口座が無くても申し込みが可能です。申し込みはメールもしくは電話で可能で、審査は最短で30分です。全国にあるATMを利用することも出来ます。このように、銀行でも即日キャッシングが可能で、かつ総量規制の対象外となります。口座を持っている銀行であれば、より柔軟な対応をしてもらえる可能性もありますので、まずは自分が利用している銀行について調べてみると良いでしょう。

夫にバレずに借り入れを行おう

結婚をしている夫婦であっても秘密を抱えている事があります。
その秘密の中にお金に関することがありますが、やはりお金の秘密は相手に知られたくないと思ったりするものです。
昔の主婦だとお金が必要になった際は親や友達にしか現金を借りるしか出来ませんでしたが、しかし今はカードローンがあるので、業者からお金を工面することが可能になりました。
ただこれには条件があり、それは多額のお金の借り入れが不可能という事です。
やはり専業主婦なので無収入ですし、そうすると少額の融資しか受けられません。
このような条件がありますが、しかし収入証明書を提出しなくてもカードローンを利用出来るので、夫に知られることなくお金が手に入ります。
ちなみに専業主婦の中にはパートをしている方が居ますが、パートをしている場合だと借入が出来る業者の幅が広がるだけでなく、借りられるお金の額も高くなります。
もちろんこれも夫に言わなければバレるような事はまず無いでしょう。
今までは電話や郵送で業者とやり取りをしていましたが、今はインターネットがかなり普及しているので、オンラインにも対応している業者が多いです。
現在はメールやウェブ上からやり取りする事が可能であり、電話や郵送でのやり取りと比べてみると簡単になりました。
ただ、カードローンを利用する際に気を付けてもらいたい事は返済期日であり、返済期日を守らないで返済が遅れてしまえば、業者から連絡が入ってしまいます。
そうすると夫に借金をしている事がバレてしまう事があるので、しっかりと返済期日を守るようにしてください。